[タイ] エイペックス・デベロップメントがクラブメッド・クラビ・リゾート&レジデンシーズを販売

インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京にも参加したタイのデベロッパー、エイペックス・デベロップメントがクラブメッド・クラビ・リゾート&レジデンシーズを販売します。

[タイ] エイペックス・デベロップメントがクラブメッド・クラビ・リゾート&レジデンシーズを販売


プレミアム複合用途不動産開発のリーダーである、エイペックス・デベロップメントが、クラブメッド・クラビ・リゾート&レジデンシーズを、サイアムパラゴンで行われたサイアムパラゴン・ラグジュアリー・プロパティ・ショーケース2018で発売前発表を行いました。


2018年11月22日(木)に行われたプレスリリースで、エイペックス・デベロップメントは2018年11月8日の正式発売前発表は成功裏に終わり、このイベントとしては最高セールスを達成しました。レジデンスの60%以上が販売され、販売額は約6億2,600万バーツになるとしています。エイペックス・デベロップメント会長ポンパン・サムパワクープ氏は「英ペックスの観光と投資に最大の利益をもたらす不動産開発に注力するという主要戦略にのっとって、クラブメッド・クラビ・リゾート&レジデンシーズプロジェクトはクラビのロングビーチに生まれました。このプロジェクトは、クラブメッドによる20年間運営のアジア初となるレジデンスプロジェクトです。このプロジェクト用地は美しいプライベートビーチ、ロングビーチにあり、エクスクルーシブなクラブメッドプロジェクト開発にはもってこいの場所です。クラビの新しい観光地となることは間違いないでしょう。」

クラブメッドの東南アジア・パシフィック(ESAP)CEOザヴィエ・デュソール氏は、「クラブメッドは、世界をリードするオールインクルーシブのリゾートです。1950年に設立されて以来、今では世界中に30か国70のリゾートを運営しています。エイペックス・デベロップメントと提携し、クラブメッド・クラビ・リゾート&レジデンシーズをクラビのロングビーチで運営できることを光栄に思っています。これにより、クラブメッドの精神だけでなく、ポダ島やピピ島といった島々を背景にしたアンダマン海の美しいゼンの風景を具体化できます。ダイビングその他水陸アクティビティにもってこいの場所で、観光にもピッタリです。クラブメッド・プーケットを30年以上前にオープンして以来の、タイにおける2つ目のクラブメッドとなります。」と話しています。

同社によると、クラブメッド・クラビ・リゾート&レジデンシーズは、100ライの土地に計画された複合用途開発で、ビーチに面する部分は約300メートルです。クラビ国際空港から車で30分という便利な場所で、ホテル客室は300室、レジデンスユニットは、79㎡~155㎡の1ベッドルームと2ベッドルーム合計58室が用意され、オーシャンビューもラグーンビューも楽しめるようになっています。このフリーホールドの低層コンドミニアムの価格は1,230万バーツからで、20年間にわたるクラブメッドの賃貸マネジメントによる短期・長期での賃貸リターンを生み出すことができ、リゾートプロジェクトへの投資を好むバイヤーにとってはまたとない投資のチャンスとなっています。プロジェクトの建設開始は2019年の第2四半期、2021年第3四半期に完工予定となっています。

(出所:The Nation)

▶APEX DEVELOPMENTにご興味を持たれた方!PropertyAccess.coのインターナショナル不動産&投資カンファレンス東京2018にも参加した同社の紹介ページを見る