インターナショナル不動産投資カンファレンス東京2019:出展社紹介③ブキット・ビンタン・シティ・センター

インターナショナル不動産投資カンファレンス東京2019に出展するデベロッパー、ブキット・ビンタン・シティ・センターのご紹介です。

インターナショナル不動産投資カンファレンス東京2019:
出展社紹介③ブキット・ビンタン・シティ・センター

Bukit Bingang City Centre(ブキット・ビンタン・シティ・センター、BBCC)/マレーシア

■会社概要

クアラルンプールの新たな鼓動となるべく生まれたブキット・ビンタン・シティ・センター(BBCC)は、明確なビジョンを持つ最先端の統合型開発です。クアラルンプールのコスモポリタンな雰囲気をさらに高めます。ゴールデントライアングル内の7.85ヘクタールの敷地の立地は戦略的。現代的なレジデンシャル、ホテル、リテール、エンタメハブと公共交通ハブを含むコスモポリタンなライフスタイルがBBCCで実現します。本プロジェクトは、三井不動産との合同開発。ららぽーととZeppエンターテイメントホールがクアラルンプールのど真ん中にやってきます。

会社ウェブサイト:http://bbcckl.com/


■プロジェクト概要

Lucentia Residences(ルセンティア・レジデンシーズ)

※写真は完成予想図です。

ルセンティアは、BBCCで開発される最初のレジデンシャルとなります。47階建と35階建の2棟のタワーが結合した高層レジデンシャル開発は、アーバンリビングの新しい形です。ガードハウスが入る見事な幾何学的なアーチを抜けると、平静と安らぎの世界があなたを待っています。

ゴールデントライアングルと呼ばれるエリアに位置するこの物件。エリア内には、おなじみのららぽーとやZeppエンターテイメントホールもあるこちらのレジデンシャル。詳細はBBCCブースで!

▶インターナショナル不動産投資カンファレンス東京2019(来場無料)の参加登録はこちら