キプロスについて知ろう!

日本人にあまり馴染みのないキプロスという国について、詳しく見ていきましょう。

キプロスについて知ろう!


■キプロスってどんな国?

キプロス(キプロス共和国)は地中海に浮かぶ島々の中でシチリア島、サルデーニャ島に続いて3番目に大きな島にある島国です。ヨーロッパの東端にあり、ヨーロッパ、アフリカ、アジアの3つの大陸をつないでいます。キプロス島の一部、アクロティリおよびデケリアはイギリス海外領土となっています。また、1974年以来、南北に分断されており、島の北部約37%を、国際的にはトルコ共和国のみが承認する「独立国家」であるトルコ系住民による北キプロス・トルコ共和国が占めています。一方のキプロス共和国は国際連合加盟国193か国のうち、192か国(トルコを除く)が国家承認をしています。

キプロスは元来はギリシャ系住民とトルコ系住民の混住する複合民族国家でしたが、分断後は事実上、ギリシャ系によるほぼ単一民族国家となっています。

人口は、約847,000人で、首都はニコシア。島の中央部に位置しており、人口は、約336,000人です。2番目に大きな都市は、リマソールで、南部の海岸沿いにあり、人口は約241,000人。島最大の港町です。また、キプロスでも最も国際的な都市でもあります。第3の都市はラナルカで島の東沿岸に、第4の都市はパフォスで島の南西沿岸にあります。ラナルカ、パフォスともに新しい空港があります。

キプロスの気候は穏やかな地中海気候で、年中を通して太陽が降り注ぎます。気温でいえば日本の九州南部と同じぐらいですが、冬はそれより暖かいです。一番寒い1月で平均気温が約10℃となっていますが、山間部では雪が降ります。夏は乾燥して暑くなります。一番暑い7~8月の平均気温は約29℃。7~9月にかけてはほとんど雨が降らず、雲ひとつない青空が広がります。

キプロス共和国は、2004年5月1日にヨーロッパ連合(EU)に2004年5月1日に加盟。2008年初めには、その堅調な経済を背景に、ヨーロッパ経済通貨同盟(EMU)にも加盟し、ユーロを自国通貨とするユーロ圏となりました。

EU以外にも、キプロス共和国は、様々な国際的組織のメンバーでもあります。例えば、国連(UN)、ヨーロッパ評議会、世界貿易機関(WTO)、英国連邦、世界銀行、国際通貨基金(IMF)などで、40か国以上に外交使節を通じたコネクションがあります。



■キプロスの経済

キプロスは、現代的な自由市場を有しており、サービス業中心の経済です。効率的かつ透明性の高い法規制の仕組みがあり、外国の投資家にとっても、国内の企業にとっても、投資をし成長し、そして栄えるための自身を与えています。常に体系立った、革新的で多様性にあふれ、投資家よりの環境を提供しています。

キプロスは、経済の主要産業における幅広い投資機会を提供することで、ビジネスハブとしての位置を確立してきました。島の理想的なロケーション、進んだインフラと生活の質の高さにより、島への移住を計画する人々の代表的な理由であり、またキプロスに投資しようとする人々の心をとらえてきました。

キプロスの競争力の源の一つとなっているのは、健全で透明性の高い法制度と魅力的な税制度です。法人、個人、そうオフにとってさまざまなインセンティブがあります。

キプロスの法制度は、英国のコモンローの原則に基づいており、広くビジネスフレンドリーで効率的なしくみだと認知されています。ビジネスの場における透明性、信頼性の高さを補償します。外国企業にもなじみのある信頼性の高いフレームワークを提供しつつ、キプロスの法聖堂はEU、マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)、OECD、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)、金融安定化フォーラムの法令およびEU反マネーロンダリングに関する命令に準拠しています。


■主な産業

・エネルギー:世界規模の天然ガスが発見されたことが、2019年初めに発表され、エクソンモービル、シェル、トータル、カタール・ペトロレウムなどといった大企業との契約を結んだことで、数十億のインフラプロジェクト、およびキプロスの地中海東側の地域の拠点となる可能性あり

・金融サービス:設立・運営コストが低く、ビジネスサポート・サービスの質は高い。投資家向けの税恩典有り。700を超える登録会計事務所と、2700を超える弁護士が、サービスの質の高さを保証。

・船舶:キプロスは、世界でも有数の海上の要所となっています。進んだ海上インフラ、競争力のあるEU認定とん税スキーム、EU第三の商船隊など。

・観光:ヨーロッパで初となるカジノリゾートの建設が進んでおり、2021年完成予定です。これにより観光客数は30%ほど増加するとみられています。世界中でももっとも過ごしやすい気候の一つであり、EUで人口当たりのブルーフラッグ(安全、品質、エコなどの観点から、ビーチ、マリーナ、ボートツアーオペレータなどを認証するしくみ)最多ということもあり、キプロスの外国人観光客数は毎年新記録を更新しています。キプロスは、文化的な面と、洗練されたレストランやナイトライフ、世界的にも有名なイベントとを融合させています。2017年、パフォスは欧州文化首都にもなっています。

・教育:国際的な大学のあるキプロスは、域内の教育センターを目指しています。すべての私立教育機関および大学は、英語での高品質なプログラムやコースを提供しています。

・不動産:2013年、ギリシャ危機の余波を受けた経済危機がありましたが、レジデンシャルは過去3年安定的な成長を見せてきました。KPMGキプロス不動産レポートによると、2018年の住宅利回りは約2.4%、一方でアパートメントは4.5%ほどでした。商業および工業用物件については、利回りは5.1%程度です。

■外国人も不動産を買えるの?

外国人でもキプロスに不動産を購入することができます。フリーホールドの土地を所有することも可能です。ただし、土地の所有は3ドゥナム(4,014㎡)までとなっています。不動産投資をするための許可を政府から取得する必要がありますが、弁護士を通じて簡単に手続きができます。


地中海に浮かぶ島キプロス。美しいビーチと地中海特有の温暖な気候は、寒暖の激しい日本と比べると過ごしやすく魅力的ですね。外国人でも不動産を購入することができるということで、そのメリットが気になります。

▶外国人がキプロスに不動産を購入するメリットはこちら