[シンガポール] 不動産投資が前期比2倍超の167億シンガポールドル

シンガポールの2019年第3四半期の不動産投資が第2四半期を大幅に上回っています。

[シンガポール] 不動産投資が前期比2倍超の167億シンガポールドル


2019年第3四半期、大規模なオフィス不動産の取引を背景に、シンガポールの不動産販売が、前四半期の67億シンガポールドル(約5,360億円)から二倍超の167.4億シンガポールドル(約1,339億円)となりました。これは、第1四半期、第2四半期を合わせた取引件数からも49%増となっていると、クッシュマン&ウェイクフィールド社がレポートしています。

販売をリードしたのは商業部門で、62.7億シンガポールドル(約5,016億円)でした。オフィス取引最大となったのは、Allianz Real EstateとGaw Capital PartnersによるブギスのDUO TowerとGalleriaのM+Sからの取得で15.8億シンガポールドル(約1,252億円)(平米あたり27,663シンガポールドル(約221万円))でした。ブギスではさらに、Angelo GordonとTCRE PartnersによるKeppel REITからのBugis Junction Towersの取得もあり、5億4,750万シンガポールドル(約438億円)(平米あたり23,680シンガポールドル(約189万円))となりました。

リテール部門では、Lendleaseがショッピングビル313@SomersetをREIT(不動産投資信託)に10億シンガポールドル(約800億円)で組み込みました。Lendlease Global Commercial Reitの新規株式公開は順調に行われ、初日の株価は4.5%上昇しました。

工業部門の取引は、主にREITに兼任され、第3四半期で40.7億シンガポールドル(約3,256億円)に達しました。

Mapletree Investmentは、Mepletree Business City IIをMapletree Commercial Trustに15.5億シンガポールドル(約1,240億円)(平米あたり14,079シンガポールドル(約113万円))で投入しました。

Keppel DC REITは、1-Net North Data Centreの購入(2億180万シンガポールドル(約161億円))およびKeppel DC Singapore 4の持分99パーセントの取得(3億8,490万シンガポールドル(約308億円))により、データセンターのポートフォリオの拡大を続けています。

レジデンシャル部門は30億3,000万シンガポールドル(約2,424億円)、ホスピタリティ部門は29億2,000万シンガポールドル(約2,336億円)で、取引件数が増加しました。

クッシュマン&ウェイクフィールドの資本市場部門のエグゼクティブダイレクターであるショーン・ポー氏によると、シンガポールのような商業不動産の供給がタイトな市場では、資産は価格上昇を狙いがちになると言います。そして、まさに市場はそのような方向に向かっていて、売り手と買い手の期待値にギャップを生んでいます。

「シンガポールの玄関口としての位置づけと安定的なファンダメンタルズが、シンガポールを外国資金の投入先として魅力的なものにしています。」とポー氏は言います。

Royal Groupは、Sime Darby Groupから昨年購入したばかりのDarby Park Executive Suitesを、インドネシアの巨頭バクティアル・カリムに1億6,000万シンガポールドルで売却しています。同敷地がレジデンシャルからホテル用途に区分変更され、同取引により72%の利益が生まれました。

PAM HoldingsとDatapulse Technologyは、Bay Hotel Singaporeを2億3,500万シンガポールドル(約188億円)で購入、一方香港の金融サービス会社AMTDグループとFar East Consortium Internationalの合弁会社がOakwood Premier OUE Singaporeを2億8,710万シンガポールドル(約230億円)で購入しています。

今年の販売額は279億8,000万シンガポールドル(約2兆2,384億円)と、昨年の339億6,000万シンガポールドル(約2兆7,168億円)を上回る「可能性がますます高く」なってきたと、クッシュマン&ウェイクフィールドのシンガポール・東南アジアのリサーチヘッド、クリスティン・リー氏は話しています。

ロケーション物件部門価格
(平米あたり)
売却主購入者
ブギスDuo Tower & GalleriaオフィスS$15.8億
(S$27,663)
Allianz Real Estate & Gaw CapitalM+S
シェントンウェイ71 Robinson RoadオフィスS$6.55億
(S$29,666)
Sun VentureCommerz Real
ブギスBugis Junction TowersオフィスS$5.48億
(S$23,681)
Angelo Gordon & TCRE PartnersKeppel Reit
ラッフルズプレイスPlusオフィスS$5.3億
(S$24,972)
CapitaLandFullshare Holdings
アレクサンドラMapletree Business City II工業S$15.5億
(S$14,079)
Mapletree Commercial TrustMapletree Investments

※1シンガポールドル≒80円


(出所:Straits Times

▶シンガポールのREITについてのPropertyAccess.coの過去の記事はこちら