インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京:出展企業紹介⑫グランデ・アセット

インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京に参加するデベロッパー、グランデ・アセットのご紹介です。

インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京
出展企業紹介⑫:グランデ・アセット


■会社概要

タイのデベロッパー、グランデ・アセットは、ホテル運営、ショッピング・プラザ賃貸、不動産開発の3つのセグメントで事業を行っています。グランデ・アセット・デベロップメントから、2008年2月に商標変更し、グランデ・アセット・ホテルズ・アンド・プロパティになりました。

会社ウェブサイト:Grande Asset


■プロジェクト概要

Hyde Sukhumvit 11 Condominium(ハイド・スクンビット11・コンドミニアム)



ハイド・スクンビット13が大成功を収め、グランデ・アセットが新しい高層コンドミニアムの開発に踏み切ったのが、このハイド・スクンビット11です。スクンビットソイ11の土地を取得、便利なロケーションの小規模~中規模のレジデンシャルユニットを求めるお客様の要望にお応えし、新しいハイド・スクンビット11を立ち上げます。
 
ハイド・スクンビット11は総額40億バーツ(約138億円)です。39階建てのレジデンシャル棟にファシリティを完備、入居者および商業施設の利用者用の9階建ての駐車場と、屋上のレクリエーションスペースがあります。このユニークでラグジュアリーなレジデンシャルコンプレックスには、1、2、3ベッドルーム、スタジオ、デュプレックス・ロフト、デュプレックス・ペントハウスおよびヴィラ・ペントハウスがあり、広さは27㎡~178㎡となっております。さらに2ユニットは、商業施設用の設計となっています。

ハイド・スクンビット11の立ち上げ以降、2017年12月時点でプロジェクトの総ユニット数の約60%がプレセールで販売されました。外国人バイヤーからの関心も高く、販売記録によると、外国人バイヤーの購入ユニット数が、タイ人バイヤーの2倍となっています。

タイ・バンコクでも人気のエリア、スクンビットのこの物件。関心を持たれた方は、是非今週末2018年11月16日(金)、17日(土)開催のインターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京、グランデ・アセットのブースにお立ち寄りください!
 
▶いよいよ今週末!インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京への参加申し込みはこちら!