国ごとの基礎情報

アメリカ合衆国

アメリカ合衆国の基礎情報

国正式名称

アメリカ合衆国

首都

ワシントンD.C.

人口

3億3,830万人

通貨

米ドル

国の形態

大統領制、連邦制(50州他)

産業

工業(全般)、農林業(小麦、トウモロコシ、大豆、木材他)、金融・保険・不動産業、サービス業

外国人不動産所有

規制なし

移住人気ランキング

3位(ハワイ)

⽇本からの⾶⾏距離

10時間(ロサンゼルス)

不動産の将来性を予測するための重要なポイント
GDP成⻑率
人口増加
⾔語
都市人口率

GDP成⻑率

アメリカ合衆国 1.9%
日本 1.36%

※2021年から2025年GDP予測の平均

GDPの成⻑に応じて不動産価格も上昇することに
なります。

GDPの成⻑に応じて不動産価格も上昇するこ
とになります。

人口増加

アメリカ合衆国 +3,710万人
日本 ー2,000万人

※2020年から2050年までの予測人口

⼈⼝の増加・⽣産年齢⼈⼝の増加はオフィス、
住宅等の需要を促進させます。

⼈⼝の増加・⽣産年齢⼈⼝の増加はオフィス
、 住宅等の需要を促進させます

⾔語

アメリカ合衆国語

英語及び中国語圏の不動産価格が上昇しやすい
データ傾向があります。

英語及び中国語圏の不動産価格が上昇しやす
いデータ傾向があります。

都市人口率

アメリカ合衆国 83%
日本 92%

※2019年時点の都市人口率

都市⼈⼝が少ないことは都市開発の需要がある
ことを⽰しています。

都市⼈⼝が少ないことは都市開発の需要が
あることを⽰しています。

参考!
人口ボーナス

人口ボーナス終了年

マレーシア

タイ

フィリピン

ベトナム

インドネシア

日本

2050

2031

2062

2041

2044

2005

人口ボーナス期は、労働力増加率が人口増加率よりも高くなり、人口に対する労働力が豊富な状態となることで、 経済成長が促進される時期を指す。(Wikipedia)

総評

外国人は2階以上の建物について所有することができるため、近年多くの外国人が不動産を購入した。首都プノンペンを中心として都市化を急速にすすめており、オフィスビル、高級コンドミニアムの建設ラッシュもあいまって、外国人が住める住環境がBKK1(ボンケンコン1)を中心として整ってきている。一方で交通インフラは脆弱で、既存の鉄道は運行状況も良くなく一般人が利用できる状況ではない。GDP成長率は高い率を期待できるものの、直近では不動産価格がマイナスに転じている位ように、不動産予測で重要な要因である人口が少ない前提のもと、外国人の流入がどれだけ見込まれるかを把握しながら不動産の需給バランスを慎重に予測していく必要がある。

参考!
人口ボーナス

人口ボーナス終了年

マレーシア 2050
タイ 2031
ベトナム 2041
フィリピン 2062
インドネシア 2044
日本 2005

人口ボーナス期は、労働力増加率が人口増加率よりも高くなり、人口に対する労働力が豊富な状態となることで、 経済成長が促進される時期を指す。(Wikipedia)

総評

外国人は2階以上の建物について所有することができるため、近年多くの外国人が不動産を購入した。首都プノンペンを中心として都市化を急速にすすめており、オフィスビル、高級コンドミニアムの建設ラッシュもあいまって、外国人が住める住環境がBKK1(ボンケンコン1)を中心として整ってきている。一方で交通インフラは脆弱で、既存の鉄道は運行状況も良くなく一般人が利用できる状況ではない。GDP成長率は高い率を期待できるものの、直近では不動産価格がマイナスに転じている位ように、不動産予測で重要な要因である人口が少ない前提のもと、外国人の流入がどれだけ見込まれるかを把握しながら不動産の需給バランスを慎重に予測していく必要がある。

不動産に関する指標

年間不動産価格上昇(都市)

アメリカ合衆国 -1.90%
東京 0.30%

利回り

アメリカ合衆国 4.73%
東京 4.30%