インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京:出展企業紹介⑦ エイペックス・デベロップメント

インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京の出展デベロッパー、エイペックス・デベロップメントのご紹介です。

インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京
出展企業紹介⑦:APEX DEVELOPMENT(エイペックス・デベロップメント)


■会社概要

エイペックスデベロップメントは、タイ証券取引所(株式コードAPEX)に上場し、登録資本金1,499,925,000バーツ(約51億6500万円)とするタイの不動産開発会社です。エイペックスは、5つ星ホテル/リゾートや賃貸プログラムのあるブランド住宅地などの複合用途開発を専門としており、タイ観光業界の輝かしい成長に乗ってお客様に高リターンを保証します。経営陣は1977年から実に21以上もの不動産プロジェクトの開発に成功しており、高層コンドミニアム、会社ビル、ショッピング複合施設、ホテルやリゾート等多岐に渡っています。企業理念を「価値の向上」とし、安定的収益性と継続的成長を得るために、1) 投資家 2) 最終顧客 3) 株主 4) 地域 の四大グループに最高の価値を提供できるよう努めています。

会社ウェブサイト:APEX DEVELOPMENT PCL.


■プロジェクト紹介

(1) The Residences at Sheraton Phuket Grand Bay(ザ・レジデンシーズ・アット・シェラトン・プーケット・グランドベイ)

タイ・プーケット島のポー湾に面する全長650メートルの山肌に建つこのプロジェクトは、66ライ(約105600平米)の敷地内のシェラトン・プーケット・ホテル(183室)、グランドベイ・レジデンシーズ(プールヴィラ80ユニット)から構成されています。レジデンスの工事と内装、および所有権の移転は、2019年を予定しています。シェラトン・プーケット・ホテルの工事および内装、オープニングは2020年の予定です。


(2) Mövenpick Residences and Pool Villas(モーヴェンピック・レジデンシーズ・アンド・プールヴィラ)

タイ・パタヤのジョムティエンビーチ目の前のこのプロジェクトは、約30ライ(約48,000平米)の敷地内の34階建てホテル(264室)と37階建てレジデンス(コンドミニアム196ユニット)、プールヴィラ(34棟)から構成されており、工事は2016ねに完了しています。ホテル部分はすでにホテル投資家に売却済みで、モーヴェンピック・レジデンシーズ・アンド・プールヴィラは2017年より販売開始されています。


タイのビーチリゾートに建つこちらの物件。ご興味を持たれた方は是非、インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京のエイペックス・デベロップメントブースにお越しください。

▶インターナショナル不動産&投資カンファレンス2018東京の参加申し込みはこちらから!