[ベトナム] ホーチミンシティ、不動産デベロッパーが直面するハードルを取り除くことを約束

ベトナム、ホーチミンシティは、遅延している不動産開発プロジェクトを救済すべく、プロジェクトが直面する困難を取り除くことを約束しました。

[ベトナム] ホーチミンシティ、不動産デベロッパーが直面するハードルを取り除くことを約束


ベトナム、ホーチミンシティ人民委員会のグエン・タイン・フォン委員長は、複数の困難に直面し遅延している不動産開発プロジェクトの救済方法について議論するために、各政府省庁の代表者と会議を開きました。

議論の対象となったのは、2014年にライセンスを取得し、11区で開発される予定のダム・セン・コンプレックス(Dam Sen Complex)プロジェクトが直面している問題です。

▼ホーチミンシティ地図


同プロジェクトは、C&Tインターナショナル株式会社(C&T International Joint Stock Company)により、54,568平方メートルの敷地に、アパートメントタワー、ホテル、オフィスビルが建設されるというものです。

しかし、補償金の支払いやサイトクリアランスに関連して大幅に遅延、11区および関係当局が、建設工事が開始できるようにこれらの問題とエリア内に住む人々の移転対応について支援を申し出ています。

また、ノヴァランド・グループによって開発予定のザ・ウォーター・ベイ(The Water Bay)、ヴァン・フック・グループによるヴァン・フック・シティ(Van Phuc City)(いずれも2区)もまた法的な問題によって遅延しています。

ホーチミンシティの不動産協会のレ・ホアン・チャウ会長は、遅延しているプロジェクトのデベロッパーの多くは大手で、工事が再開できるように何年も待ちの状態になっていると話しています。

必要なのは当局からの承認であって、それ以外の何物でもない、とチャウ会長は言います。

フォン委員長は、月末にかけて、ホーチミンシティは、これらのプロジェクト/デベロッパーが直面している問題を検討し、解決していくことを約束しました。というのも、不動産はホーチミンシティの経済に貢献する重要なセクターだと考えられているにもかかわらず、困難に見舞われ、収益を失い、目標に達することができなくなっているからです。

ホーチミンシティは、不動産業界をサポートする草案を作成し、不動産会社大手の競争力を高めるべくことに重点を置いていく予定です。フォン委員長は、これはホーチミンシティの発展を推進するための主な方向性のひとつであると付け加えています。

(出所:Vietnam Investment Review

(トップ画像 by Interactive Sports on Unsplash )