[マレーシア] Kl-シンガポール高速鉄道プロジェクト終了

クアラルンプール-シンガポール高速鉄道プロジェクトが延長期間の満了を迎え終了しました。

[マレーシア] KL-シンガポール高速鉄道プロジェクト終了


マレーシアとシンガポールは、クアラルンプールとシンがポールを結ぶ高速鉄道(HSR)プロジェクトを終了することで合意しました。


両国は、終了に伴う義務や必要な手続きを進めることを約束しています。


マレーシアとシンガポール間のHSR合意は、同プロジェクトを保留する2回目かつ最終の延期期間の期限であった、2020年12月31日深夜に失効しました。


▼HSR計画(出所:Wikipedia



HSRプロジェクトの建設は2018年9月から保留となっており、2020年5月末に再開予定でしたが、2020年末までさらに延期されていました。


2021年1月1日に発表された、マレーシアのムヒディン・ヤシン首相とシンガポールのリー・シェンロン首相の共同声明の中で、両国は良好な二国間関係を保ち、両国の接続性の強化を含めた複数の分野において緊密に協力していくことを約束しました。


共同声明では、「Covid-19パンデミックがマレーシア経済に与えた影響を受けて、マレーシア政府はHSRプロジェクトにいくつかの変更を加えることを提案していました。」


「これらの変更点について、両国政府は議論を重ねてきましたが、合意に達することができませんでした。」


「よって、HSR契約は、12月31日に失効しました。」と述べられています。


350キロにおよぶHSRは、クアラルンプールとシンガポール間の所要時間を90分に短縮することが期待されていました。


(出所:New Straits Times

(トップ画像:Photo by Essow Kedelina from Pexels)