[マレーシア] 6月10日よりCmco改め回復活動制限令を実施

マレーシアのムヒディン・ヤシン首相は6月7日(日)に行った国民に向けてのテレビ演説で、マレーシアが新型コロナウィルスの影響からの回復段階に入ることを発表しました。

[マレーシア] 6月10日よりCMCO改め回復活動制限令を実施


マレーシアのムヒディン・ヤシン首相は、2020年6月7日(日)、現在実施されている活動制限令を、回復段階の「回復活動制限令(RMCO)」として、6月10日から8月31日まで継続実施することを発表しました。


テレビ放映された特別演説で、ムヒディン首相は、マレーシアは新型コロナウィルス(Covid-19)の回復段階へ向かうとして、6月10日より、強化された活動制限令(EMCO)が実施されている地域を除いては、州をまたいだ移動も許可されると話しました。


6月9日に終了予定の条件付き活動制限令(CMCO)は、回復活動制限令(RMCO)に取って代わられ、6月10日から8月31日まで実施されることになります。RMCOでは、既存の標準作業手順(SOP)にのっとりながらも、国民が通常の日常生活を送れるように、制限がさらに緩和されるようになります。


マレーシアは、3月18日以降、厳しい活動制限「MCO」と緩和されたバージョンの「CMCO」を複数フェーズに渡って2か月以上実施してきました。6つ目のフェーズに相当する現在のCMCOは、6月9日で終了が予定されていました。


Covid-19パンデミックにより多くの事業・活動が閉鎖となっていましたが、日曜日の発表は、マレーシアの回復への道に向けた政府の第一歩となります。


政府は、「公衆衛生の強化」、「法律と施行」、「国境警備の強化」、「経済セクターの再開」、「新常態の開拓」、「社会的責任」、「高リスクな人々の保護」、の7つの基本戦略に基づくRMCOを実施していくとしています。


ムヒディン首相によると、これらの戦略は、国防大臣が議長を務める内閣特別委員会を通じて実施されます。州政府レベルでは、これらの戦略は、各州の行政長が招集する委員会を通じて実施されると述べ、戦略の実施について、ムヒディン首相は、州政府、中央政府、民間、NGO、コミュニティリーダーなど、関係者すべての協力とサポートが必要だと呼びかけています。


ムヒディン首相はまた、3月からCovid-19の感染拡大防止のために実施してきたMCOについて、様々な制限措置や規制を実施してきたけれども、政府が人々の生活を永遠にコントロールし続けることはできないとして、国民一人一人が責任感を持って、新しい常態に慣れ、政府が求める標準作業手順(SOP)に従うことを条件に、緩和をしていく時だと述べました。


「つまり、Covid-19がコントロールできているかどうかの責任は、国民一人一人の手にかかっているのです。」とムヒディン首相は強調しています。


禁止事業・活動、認められている事業・活動のリストは、国家安全保障理事会(National Security Council)の公式ウェブサイトで一般に公開されています。


(出所:Today Online

(トップ画像:Photo by mkjr_ on Unsplash )