[タイ]レジデンシャルデベロッパーはバンコク東部に注目

バンコク東部のクルンテープ・クリータ通りがレジデンシャルデベロッパーの注目を集めています。

[タイ] レジデンシャルデベロッパーはバンコク東部に注目


バンコク東部のクルンテープ・クリータ通りがレジデンシャル不動産デベロッパーの最新の注目エリアとなっており、今後新規プロジェクトが多く立ち上がる予定です。


プルクサー・リアル・エステート社のCEO、ピヤ・プラヨン氏は、地元の新聞社に対して、バンコク東部は、不動産デベロッパーの「レッドオーシャン(競争が激化した市場)」となっていると述べています。

このエリアは同社の注力するエリアでもあり、高層プロジェクトの40%がこの地域に集中しています。

同社は、クルンテープ・クリータ通りからウォンウェーンにかけて約100ライ(16ヘクタール)の土地を所有しており、すでに2つのプロジェクトを開発、さらに2つのレジデンシャル開発を予定しています。

プロパティ・パーフェクト社のCEOチャイニッド・アヤナサクン氏は、新クルンテープ・クリータ通りは、スワンナプーム空港とバンコク中心部を繋ぐ、交通上の戦略的なロケーションと考えられていると述べています。また、モーターウェイや、タイ文化センターからミンブリーまでつながるマス・トランジットのオレンジラインとの接続が予定されているエアポートリンクからも遠くありません。

(出所:The Nation Thailand