[シンガポール] ロックダウン緩和フェーズ2へ突入

2020年6月15日、シンガポールの省庁横断タスクフォースは、シンガポールが6月19日からロックダウン緩和フェーズ2に入ることを発表しました。

[シンガポール] ロックダウン緩和フェーズ2へ突入

2020年6月15日、シンガポールの省庁横断タスクフォースは、シンガポールが6月19日から(正式には6月18日23:59を過ぎたら)ロックダウン緩和フェーズ2に入ることを発表しました。この理由として、コミュニティ内感染率がおおむね安定していること、外国人労働者の寮における感染数も減ってきていること、新しい大規模クラスターが発生していないことを挙げています。


■フェーズ2へのアプローチ

濃厚接触を限定することで、シンガポールが今まで行ってきた努力を継続する一方で、衛生・安全管理を維持することを目的としています。

フェーズ2で再開が認められるすべての活動について、セーフ・ディスタンシングの原則が適用されます。

・常に最低1メートルのセーフ・ディスタンシング
・セーフ・ディスタンシングが現実的でない場合、グループとグループの間に1メートルの間隔を置くことが求められます。グループのサイズは5人までです。グループとグループが交わらないようにしなければなりません。このルールは、小規模グループでの集まりと家庭内に適用されます。各家庭は、1回につき5人まで人を呼ぶことができます。


■再開できる活動

以下の活動は、フェーズ2が始まったら再開することができます。

・小売店ー店舗の開店が可能に
・店内での飲食(ライブ音楽、テレビ・ビデオ放映は不可)
・パーソナルヘルス・ウェルネス活動
・自宅を拠点としたサービス
・塾その他習い事(歌、ボイストレーニングクラスは除く)
・スポーツ、公園、その他公共施設。これには、プレイグラウンド、ビーチ、スイミングコンプレックス、スポーツホール、ジム・フィットネススタジオ、ファンクションルーム、その他コンドミニアムやクラブ内の同様の施設を含む。
・登録された敷地における登録制のクラブや協会
・すべてのヘルスケアサービス。お年寄りの自宅訪問サービスを含むが、セーフ・ディスタンシングおよび予防策を実施のこと。
・モールや大型店舗など、人手が予想される大規模な場所については、収容人数を限定し、混雑や長蛇の列ができないような対策を講じること。



■特別なルールを適用したうえで再開できる活動

以下のイベントには特別ルールが適用されます。

・結婚: 自宅、またはシンガポール結婚登録所(ROM/ROMM)での入籍式は、立会人(solemnizer)を除いて10名まで参加可能。その他の場所で行う場合は、立会人(solemnizer)を除いて20名まで参加可能。
・通夜・葬式: 一度に20名まで参加可能
・学校・高等教育機関: 2020年6月29日より学生は毎日通学可能。高等教育機関は、教室内での授業のためにキャンパスに戻ることができる学生数を徐々に増やす。


■まだ再開が不可能な活動

たくさんの人が長時間密になるような活動は、再開までに時間がかかります。これは大規模クラスターの発生を避けるためにです。

・礼拝・集会など
・図書館、博物館・美術館などの大規模な文化的施設
・会議、展示会、コンサート、博覧会などの、大規模なイベント
・バー、ナイトクラブ、カラオケボックス、映画館、劇場、屋内外のアトラクションなどのエンターテイメント


■ビジネスは在宅ワークとセーフ・ディスタンシングを徹底

雇用主は、可能な場合は在宅ワークを基本とします。また安全管理対策がしっかりと取られているようにしなくてはなりません。これには、従業員の集まり禁止、1メートルのセーフ・ディスタンシングの実施などが含まれます。

1メートルのセーフ・ディスタンシングルールが免除されるのは、飲食店や教室内でのアクティビティなどの許可された環境で、5人以下のグループについてのみです。各事業者は、安全管理対策の実施を徹底しなくてはいけません。

安全管理対策を無視する事業者は閉鎖となります。


■Covidセーフなシンガポールを築くための一人一人の役割

活動が再開されると新規のコミュニティ感染の可能性がありますので、各自注意が必要です。

・社会的な責任感をもつ
・個人の衛生習慣を励行する
・セーフ・ディスタンシングを保ち、安全管理対策を守る
・接触者追跡用の「SafeEntry」や「TraceTogether」アプリを使う
・接触者をなるべく少なく保ち、自身と家族を守る
・高齢者などの弱者は特に注意をし、できる限り自宅に留まる


フェーズ3で「ニューノーマル(新常態)」に到達できるよう、徐々に経済・社会の再オープンができるように、省庁横断タスクフォースは状況を細かく観察していくことになっています。

(出所:シンガポール政府ウェブサイト

(トップ画像:Swapnil Bapat on Unsplash )