[シンガポール] 段階的にロックダウンを解除

シンガポールは新型コロナウィルス感染拡大抑制のための「サーキット・ブレーカー」措置を段階的に解除してくことを発表しました。

[シンガポール] 段階的にロックダウンを解除


2020年5月19日、シンガポールの複数省庁から構成させるタスクフォースは、新型コロナウィルスの感染の連鎖を断ち切るための「サーキットブレーカー」措置が6月1日に終了したら、3段階で日々の生活を再開していくことを発表しました。

人々の活動が再開すると、日々の新規感染者がまた増えることが想定される一方で、政府は、新しいクラスターの形成を防ぐために感染例を見つけて封じ込めていく方針です。


■フェーズ1:Safe Re-opening(安全な再開)

2020年6月2日より、シンガポールは、感染リスクの高くない経済活動から順に再開していきます。リスクの高い、社会、経済、娯楽活動は引き続き閉鎖となります。外出についても、引き続きエセンシャル(必要不可欠)な場合のみとし、マスク着用とします。高齢者は、自宅待機が推奨されます。


・Safe Workplaces(職場の安全):安全管理対策を取ったうえでビジネス再開

職場に戻ることが許される国民が増え、感染のリスクをおさえた状態でビジネスの再開も許されます。在宅勤務ができる者については、引き続き在宅勤務とします。自動車整備、エアコン整備、基本的なペット関連サービス、美容院・理容室のすべてのサービスなど、再開できるサービスが増えます。

多くのリテール店舗、飲食店での飲食、その他個人的なサービスは、この段階では再開は認められません。


・Safe Home and Community(自宅とコミュニティの安全):家庭を訪問できるのは1日1回最大2名

各家庭は、同居していない両親または祖父母の訪問が可能になります。しかし、どの家庭も訪問は1日1回として、訪問者は、同じ世帯から2名までとします。子どもの面倒を見てもらうために、両親または祖父母の家に子どもを預けることが可能になります。

冠婚葬祭も再開できますが、最大10名までとします。礼拝所も再開できますが、個人的な礼拝のみです。

家庭外の人との接触を制限するために、エセンシャルでない活動および親交を深める目的での集まりなどは引き続き禁止となります。


・Safe School(学校の安全):小学校・中学校の卒業学年は毎日登校

小学校・中学校の卒業学年は、毎日登校となりますが、それ以外の学年は、在宅学習と学校での授業を隔週で行います。学校内では、マスクまたはフェイスシールドの着用が求められます。学童保育も再開、幼稚園は徐々に再開します。

課外活動、塾・習い事は、複数クラスや他校との交流を促すので再開しません。


・Safe Care(医療の安全):必要不可欠な医療サービスは継続

ヘルスケアサービス、予防治療サービス、1対1での補完医療サービスが再開します。

その他すべての高齢者向けの活動は、引き続き停止となります。ただし、周囲のサポートがまったく、またはほとんど受けられない高齢者のために、高齢者サービスセンターは徐々に再開します。



■フェーズ2:Safe Transition(安全移行)

第2フェーズでは、再開可能な活動がさらに増えます。フェーズ2への移行は、フェーズ1開始から数週間コミュニティ内感染率が安定して低い状態が続き、外国人労働者の寮内感染が落ち着いてからとなります。

次のような活動が徐々にできるようになります。

・少人数での社会的な活動

・安全管理対策をした上でさらなるビジネスの再開(飲食店での店内飲食、リテール店舗、ジム・フィットネススタジオ、塾・習い事)

・すべての学生について学校への完全復帰、高等教育の学内への学生の復帰



■フェーズ3:Safe Nation(安全な国家)

第3フェーズとなる頃には、シンガポールは「ニュー・ノーマル(新常態)」に達していることでしょう。有効なワクチンまたは治療法が開発されるまでは、この状態を継続することになります。

・社会、文化、宗教、ビジネスの集会・イベントが再開できますが、集会の規模が制限されます。

・長期間の濃厚接触、閉鎖された空間で混雑のリスクがあるようなサービス・活動(スパ、マッサージ、映画館、劇場、バー、パブ、ナイトクラブ)が再開します。

・高齢者は、セーフディスタンシングを守り、混雑した場所を避けたうえで、日常生活に戻ることができます。


(出所:シンガポール政府シンガポール保健省