[ベトナム] 9月15日から国際線の再開を提案

国際線の一部の便を2020年9月15日から再開することが提案されています。

[ベトナム] 9月15日から国際線の再開を提案


ベトナム民間航空局(The Civil Aviation Authority of Vietnam)は、ベトナムと中国、日本、韓国、台湾、ラオスおよびカンボジアとを結ぶ国際線6路線を、2020年9月15日から再開することを提案しています。


特に、ホーチミンシティと中国・広州の間の路線について週1便での再開が期待されています。


ベトナム国営のベトナム航空と格安航空会社パシフィック航空は、ボーイング787機を使って同路線の柔軟な運行を担当することになっています。


帰りの便はエアバス320機で、席数は200席です。

ベトナム民間航空局は、ハノイ/ホーチミンシティ-東京(日本)、ソウル(韓国)、台北(台湾)、ラオスおよびカンボジアとの路線も週1便で再開するよう提案しています。


計画では、約5,000人の乗客がホーチミンシティ/ハノイ入りするとみられています。


ベトナム民間航空局はまた、運輸省に対して、乗客のための隔離要件の作成と、ベトナム政府が発行しているPCR検査ラボのリアルタイムリストを公開するよう、保健省に求めるよう提案しています。


(出所:Saigon Giai Phong News

(トップ画像: Tony Pham on Unsplash )