[フィリピン] ゼンルームズが競合をしのぐ

フィリピンの格安ホテル市場で、ZEN Rooms(ゼン・ルームズ)が競合をしのいでトップに立っています。

[フィリピン] ゼンルームズが競合をしのぐ


格安ホテルチェーンであるゼン・ルームズは、現在フィリピン最大のホテルフランチャイズとなり、国際的なホテルチェーンであるレッド・プラネット、フィリピンのゴー・ホテルズをしのいでいます。

現在、ゼン・ルームズは、3,000室の完全サービス付ホテルルームとアパートを管理しています。

ゼン・ルームズ・フィリピンのカントリーマネジャー、ベンジャミン・ニコラスは、単なる始まりに過ぎないとしています。

「これが業界が向かう場所だと自信を持って言えます。5つ星ホテルか、もしくはアマチュアによるAirBnBかという少ない選択肢の中で、市場は格安で品質の高い宿泊設備を提供してくれるようなホテルへの需要が高まっているのです。」

ゼン・ルームズの他の部門として、ゼン・ホームズ事業があります。こちらは、出張者やステイケーション客に、高品質のサービスアパートを短期ステイ用に提供しています。

ゼン・ホームズは、出張者の多いビジネス街などで、プールやスパ、ジムといったホテルのようなアメニティをバジェット市場にも提供しています。

既存のホテルやアパートとのパートナーシップで客室を取得し、改造して、心地よさとアメニティを保証する方式をとっています。

これらのホテル客室は、同社のウェブサイトに掲載されます。提携ホテルは、ゼン・ルームズとのコラボにより、年間を通して稼働率が向上、ゼン・ルームズのネットワークで効率が上がったことによりコスト削減にもつながっていると感じています。

ゼン・ルームズはまた、フィリピンおよび東南アジア全体に質の高いホテル運営を導入しています。

同社のスタッフの何十年にわたる経験から、ホスピタリティに関する専門知識を、一流のプラクティスとともに、パートナー企業にも差し伸べています。

この専門知識がパートナーホテルの運営効率を上げているのです。

ゼン・ルームズは、ロケット・インターネット社によって設立された格安ホテルネットワークで、東南アジア5か国で事業を展開しています。

(出所:Manila Times

▶関連して、ZENルームズと提携し、ベトナムに宿泊施設予約サービスを立ち上げたヤノルジャ(韓国)に関するPropertyAccess.coの過去の記事はこちら