【フィリピン・オルティガス】The Grand Midori Ortigas ザ・グランド・ミドリ・オルティガス|高層コンドミニアム

₱8,380,000 ( ≒ ¥18,414,405 )

おすすめポイント

ジャパニーズモダンなタワーマンション「グランドミドリシリーズ」。丹下都市建築設計デザイン×オリックスという日本チームで品質も折り紙付きです

フィリピン首都マニラの商圏の一つ「オルティガス」。行ったことのある人であればその歴史もご存知のとおり、飲料大手の「サン・ミゲル」や「アジア開発銀行」もあるんです。

マニラで2番目に大きな商業地区「オルティガス」の街並みと、世界最大級のショッピングモール「SMメガモール」

さらにマニラでは政府を上げたインフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」プロジェクトが進行中。1300万人を抱える首都マニラでもっとも肝いりの交通インフラといえば、
メガマニラサブウェイ。日本のJICA清水建設が現在建設している地下鉄プロジェクトで、オルティガスエリアには2駅開業予定です。
マニラや東南アジアの都市って渋滞がすごいイメージがあります。
そうなんです。マニラも交通渋滞が激しくて、通勤に10キロ程度の距離を2時間以上運転しなければいけないことも。。こういった問題を解決してくれるのは電車ですね。
タイ・バンコクは電車が通ってから、かなりスムーズに通勤ができるようになりました。マニラ市民もこの地下鉄にはとても期待しています。

マニラサブウェイは、2025年完成予定。ニノイアキノ国際空港(マニラ空港)へのアクセスも容易に

2025年にオルティガスエリアに地下鉄が2駅できるようですね?
はい。特にオルティガスノース・サウスの2駅がオルティガスエリアに住む人や働く人の利便性を向上させます。この物件はノース駅まで歩いて約5分程度の距離になります。

物件名が「ミドリ」ということで、日本のプロジェクトですか?それだと安心ですね。
その通りです。デザインは世界の丹下のDNAを引き継いだ丹下都市建築設計、共同事業主としてオリックスが参画しています。建築パースをみても、まさにジャパニーズモダンですね。

「丹下都市建築設計」によるデザイン監修。「わび・さび」「雅」といった日本の美意識をコンセプトとしている

2つのタワーマンションから構成されていて、現在売り出しをしているのはタワー1
30平米前後のスタジオタイプから1ベッドルームが中心です。オルティガスセンター内のオフィスで働く人へ貸しやすいサイズと立地なので、投資家向けとしては1ベッドルームより小さいユニットがおすすめです。
1,000万円台から購入できるお部屋があるのはとても魅力的ですね。 個別相談でローンの使い方についても教えて下さい!

=====物件概要=====
◆種別: コンドミニアム

◆階数: 45階建て

◆面積: 35.5~102平方メートル

◆戸数: 810戸(2棟合計)

◆価格: 約1,800万円~

◆竣工予定年:2024年12月(タワー1)

◆所在地: Exchange Road corner Jade Drive, Ortigas Center, Pasig City, フィリピン

◆開発会社: Federal Land(フィリピン大手金融財閥 GTキャピタル・グループ)及びオリックス

◆部屋タイプ: スタジオ 35.5~38.0平方メートル/1ベッドルーム 48.0~60.5平方メートル/2ベッドルーム 70.0~101.0平方メートル/3ベッドルーム 105~109.5平方メートル

◆設備: (屋内)ロビー、ラウンジ、フィットネスエリア、ヨガルーム、ゲームルーム、学習ルーム、会議室、子ども用プレイルーム、多目的ルーム、(屋外)ジャクジー、ラッププール、芝生広場、子ども用プール、プールラウンジ、子ども用プレイエリア、ラウンジ付き景観エリア

免責事項:1,ご購入タイミングによっては、分割金の残存月数が少なくなるため、分割金の価格が上昇することがあります。2,価格は予告なく改定(上昇)することがあります(本価格は2021年6月現在)3,販売済の場合はご容赦ください。購入時にはアドバイザリー報酬(5%)を頂戴いたします。アドバイザリーサービスに関しては担当者にお問い合わせください。4,表示価格は、デベロッパー、為替変動などの要因を受けて変動しますのでご了承ください。5,上記のほか不動産引き渡しや公証費用などの諸費用等が発生いたします。日本円表示は、PHP=2.1円、THB=3.3円、MYR=27円、USD=110円、GBP=140円で、各通貨で設定された価格を日本円換算したものです。

ご興味持たれた方!オンライン面談は以下から時間指定が可能です!
ご質問はこちら お問い合わせ
無料でお問い合わせいただけます