[フィリピン] 省庁横断タスクフォース、「ビルド・ビルド・ビルド」の主要プロジェクト再開にゴーサイン

フィリピン政府は、景気回復の起爆剤として、壮大なインフラ開発プログラム「ビルド・ビルド・ビルド」の主要プロジェクトの再開を許可しました。

[フィリピン] 省庁横断タスクフォース、「ビルド・ビルド・ビルド」の主要プロジェクト再開にゴーサイン



フィリピン政府が進める「ビルド・ビルド・ビルド」プログラムの主要なインフラプロジェクトがすべて再開できるようになりました。2020年5月13日に政府が発表しています。


国営放送でオンエアされたバーチャル会見で、大統領府のハリー・ロケ報道官は、新型コロナウィルスの省庁横断タスクフォースが、大規模インフラプロジェクトの再開を承認したことを伝えました。

旗艦となるインフラプロジェクトのリストはまだ発表されていないようです。


格付会社フィッチ・ソリューションズは、同じ週に、フィリピンの2020年通年の成長率を、5月頭の予想0.5%からさらに下げて、-0.2%と発表しています。


政府は、「ビルド・ビルド・ビルド」のプロジェクトを再開させ、金融政策を緩和させることで、経済が迅速に回復できると自信を見せています。


省庁横断タスクフォースは、当初、新型コロナウィルスの感染拡大をうけて、建設・インフラプロジェクトの実施を禁止していましたが、コミュニティ隔離措置が全国的に行われる中、官民のプロジェクト再開を許可した形となりました。


5月11日(月)のドゥテルテ大統領と複数官僚との会議の中で、カルロス・ドミンゲス財務相は、国の経済を立て直すために、政府は「ビルド・ビルド・ビルド」を再開し、加速させるべきだと発言しました。ドミンゲス財務相は、「ビルド・ビルド・ビルド」プログラムの推進が「経済成長のベスト・ドライバー」であると述べています。


ドゥテルテ政権は、「ビルド・ビルド・ビルド」プログラムのもと、約100件の主要インフラプロジェクトを特定しています。


このフィリピン政府の野心的なインフラプログラムの実施には、今年約1兆ペソ(約2.1兆円)が投入される見込みです。一方で、カール・ケンドリック・チュア社会経済計画省大臣代理は、この1兆ペソのインフラ予算については、現在、開発予算調整委員会(Development Budget Coordination Committee)で見直し中であることを明かしています。

(出所:Philippines News Agency

▶フィリピンの「ビルド・ビルド・ビルド」プログラムに関する過去のニュースは「こちら

(トップ画像: Erich Westendarp from Pixabay )